施設内で英語検定も受験可能!英会話の上達ならインターナショナルスクール 小学部開校 生徒募集中
> 学校案内

リリー・オブ・ザ・バリー・クリスチャンインターナショナルスクールは埼玉県にあるユニークな学校です。

私たちのスクールは、働いているお父さんお母さんが安心して預けられる託児の環境をできるだけ負担の少ない料金設定で提供しています。校長はクリスチャンですので、「お祈り」の時間もあります。スタッフは全員英語を話しますので、子どもたちは自然に英語力を身につけることができます。

リリー・オブ・ザ・バリー・クリスチャンインターナショナルスクールは0歳児からの生徒たちの成長と発育に焦点を当てています。

子どもたちはインターナショナルな環境の中で英語による指示を受けながら暮らします。このような経験は、通常の日本国内の教育では得がたいものでしょう。私たちのスクールでの国際色豊かな教職員による質の高い保育と教育をお約束します。
 
スクールの基本信念

「若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いても、それから離れない。」

聖書箴言22:6


 
 
 


保護者の皆様こんにちは!

私は、人は皆神に似せられて創られた存在であり、神から愛されているということを信じています。私たちはどんな人に対しても尊敬と威厳を持って接し、恵みと憐れみを実践する環境づくりを心がけています。
 
 
 
 


リリー・オブ・ザ・バリー・クリスチャンインターナショナルスクールでは、子供たちが神の恵みと真理を発見し、その中で一人一人が神の似姿に創られた者としての価値を見出して行くことを願っています。リリー・オブ・ザ・バリー・クリスチャンインターナショナルスクールは、一人一人が神から与えられた可能性を発展させて行くことができるよう助けます。神の真理が毎日の生活で活かされるようにしています。授業は主に英語で行われ、日本人のアシスタントが補助します。教師たちは皆、キリストに倣うライフスタイルを表していきます。





1.子供達が、自分と他人が神の貴重な傑作であることを理解すること。
2.英語習得を希望する日本人また他の国籍の子供達に質の高い英語教育を提供すること。
3.子供達が神と人に対する奉仕の心を持つようになり、神の創られた世界を尊重し、人々と環境を大切にするようになること。

毎日の授業は英語で行われます。教師たちは皆、愛と同情、許しと憐れみの心を持って子供達に接していきます。


 
 
 



イエスこそが「リリー・オブ・ザ・バリー(谷間のゆり)」です。谷間のゆりは谷に咲く花です。細い茎に並ぶ可愛らしい白い鈴のような形をした花が特徴です。この花は、緑色の大きな葉っぱの陰に控えめに隠れています。茎は長いですが、花は謙遜を表すかのように下を向いて咲きます。

私たちのスクールのロゴには、賢く、喜びに溢れ、また謙遜な心を持った子供達となるようにという願いが込められています。白い花は子供達の純粋な心を表しています。

黄色とオレンジ色の花は子供達の幸せのエネルギーを表します。喜び、太陽の光、熱意、感動、創造性、決意、魅力、成功、励まし、刺激などを表します。

青色は信頼、忠誠心、知恵、自信、知性、信仰、真理、天を表しており、私たちのスクールでは子供達の人格が強められることを目指しています。子供達が聖書の真理を土台として、困難にあっても神に信頼する者となるよう指導します。

地球儀はグローバル社会の中で生き抜いて行くことができるインターナショナルな子供達となるようにという願いが込められています。どんな国籍の子供も歓迎します!